2017年1月27日 更新

GUニットは色・デザインで遊ぼう♪こんな使い方できる!

GUのニットを見ているとデザインがたくさんあってとても楽しいです。カラーバリエーションとデザインを合わせると着方もいろいろあって使いやすいアイテム!意外な使い方や色使いなどをインスタから集めました♪

まずは真っ白のデザイン2パターンで遊んでみる

ひざ丈ロングのピンク色でプリーツたっぷりのスカートと白色のニットが甘くてかわいいコーディネイトに仕上がっています。
白色のニットは女性を純粋な印象にしてくれるからピンク色と合わせるととても乙女な印象になりますね。

白色ニットなら、ボトムの色も悩むことなくなんでも持ってこれますね!
白色のニットに黒色のボトムを合わせてすっきりと白黒のコントラストを楽しむのもいいですよね。
デザインが引き立ち白色のニットが、シンプル過ぎなくなるのがいいですよね。
デザインがないとこのシンプルコーデなかなか成功しませんよね。
シンプルコーデを不愛想にしないニットです。

青色ニットで2パターンの着こなし

青色のニットは、どことなくくすみ色っぽいニュアンスになっていて、派手すぎず使いやすいアイテムです。
デニムに合わせてみてみるとこんなにかわいくカジュアルスタイルが楽しめます。
デニムと、GUの青色ニットにクラッチを持つと出来上がり!
こちらもデニムスタイルですが、レースで透ける素材のスカートを重ねているだけでこんなに女の子らしく出来上がっています。

スカート丈は、写真ではひざ丈になっていますが、なければミニ丈の物でもいいですよね。
ふんわりとしたラインが青色ニット×デニムを女性らしくしてくれるんですね。

ちょい足しで、まったく違う雰囲気になるので試す価値がありますね!

おしゃれさんはこんな色も!

このニットの色まるでミント色を冬らしいくすみ色にしたようなニュアンスです。とてもきれいな色ですが、少しファッションに取り入れるのが難しいような気がしてなかなか手を出せなかったのですが、とてもきれいにコーディネイトされていますよね。

しかも、このニット実はGUのメンズなんです。
今年は、オーバーサイズニットが注目されているので、メンズゾーンも気に入るものがないかチェックしてみたいです。
くすみベージュとオフホワイトと合わせて使うととてもきれいなコーディネイトになります。
色の合わせ方がとても上手なお手本になります。
このようにきれいなコーディネイトができるアイテムだとこの写真を見て初めて気付きますよね。
21 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

PetitePat[プチパト]|プチプラファッション情報をお届け!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

上下GUでプチプラおしゃれ♡GUのニットをもっと使おう!

上下GUでプチプラおしゃれ♡GUのニットをもっと使おう!

GUのニットがとても安くて使える!インスタグラムの「#上下GU」がおしゃれな使い方がたっぷりで見惚れるスタイルばかり!でもGUならプチプラですよね。中でも、ニットが色がきれいでやっぱり冬の着こなしの主役です。
グレイルで購入しておきたいNEWトレンドアイテム♡

グレイルで購入しておきたいNEWトレンドアイテム♡

いつもおしゃれでいたい!そんな女性のおしゃれ心を満たしてくれるのがグレイル!トレンドアイテムがグレイルは色の使い方もデザインもとてもロマンチックなんです。新年早々どんなアイテムが注目を浴びているのか見てみましょう!
ユニクロの定番ニットを「お決まりコーデ」にさせないアイデア♡

ユニクロの定番ニットを「お決まりコーデ」にさせないアイデア♡

もしかしてタンスの中に眠っている定番色のユニクロニットの使い方を工夫するととてもおしゃれな着こなしができる可能性を秘めているかもしれません。今回は、誰もが持っていそうな色を集めました。これで使いまわし上手に!
新発見!プチプラ好きが使っている韓国ブランド「ANAIS 」

新発見!プチプラ好きが使っている韓国ブランド「ANAIS 」

プチプラのおしゃれコーディネイトを見ていると最近少しずつハッシュタグが付いている「#anais_co_kr」おしゃれなアイテムが多く日本でも少しずつ人気が出てきているんです。今回は好奇心の高いおしゃれ好きさんのための新しい韓国ブランドです。
プチプラコーデで大人カジュアル★あなたも「#gumania」始めませんか?

プチプラコーデで大人カジュアル★あなたも「#gumania」始めませんか?

SNSで話題の#gumaniaは、大人気プチプラブランドのGUのアイテムを使ったスタイリングを紹介するタグ。「オトナ」な着こなしで、まるでプチプラとは思えないスタイリングも続々登場しています!コーデを参考に売れ筋アイテムチェックしちゃいましょう♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuririn yuririn