2016年12月21日 更新

あまりの可愛さに大興奮♡しまむら「チュール刺繍スカート」

見た瞬間に心を射抜かれた女性が多いしまむらの「チュール刺繍スカート」。刺繍がロマンチックで、チュール部分がひらひらと妖精のような可愛さのスカートです!冬のスタイルにも合わせやすく、春までたっぷりと使えそうな、今しまむらで絶対に欲しいアイテムをご紹介します。

刺繍スカートがしまむらで!今すぐ行きたくなる可愛さ

このアイテムを見た時、しまむらということに正直驚きました。今までのシンプルな印象のあったしまむらのアイテムの中でもひときわ目立つ「エレガントなスタイル」
デート服にも使え、フェミニンスタイルにきれいに合わせることができます。バレリーナになったようなロマンチックな気分になれそうですね♡
ふんわり感たっぷりで、動いたり歩いたりするたび、優しげに揺れるところも可愛さのポイント!
風にさらりと揺れるスカートは、女性の上品さを感じさせます。
足元はタイツと合わせてもきれいにまとまりそうです。パンプスと合わせて、ロマンチックにお人形さんのようなかわいいスタイルを楽しみたくなっちゃいます。

色は黒と白の2色。どっちも欲しい!

ふんわりとしたスカートで生地がとても軽やかで優雅な雰囲気になっています。
黒色はクラシカルな印象と上品さを出してくれています。
きれいなスエードのパンプスなどと合わせて大人の着こなしもかわいいけれど、あえて崩してカジュアルに着るのもかわいいですね。
白色はロマンチックさがアップします。女性らしくて可憐な印象になります。
ピンク色のトップスやプードルコートと合わせて甘く仕上げたいです。黒よりも清純なイメージになり、明るいコーディネイトに合いそう!

しまパト隊はどう着てる?コーディネイトも見てみよう!

ワインレッドとの組み合わせもきれいですよね。大人っぽい雰囲気で着こなすことができます。ワインレッドカなら、黒・白色のどちらチュール刺繍スカートにも合わせることができます。
刺繍がとても細やかで、上質な印象に見えますよね。
少しカジュアル使いをするなら、ジャケットの雰囲気を変えてみるといいかもしれません。

・プードルファージャケット×刺繍チュールスカート
今年風のロマンチックスタイルで、女性らしい雰囲気になります。

・スニーカー×刺繍チュールスカート
トレンド感のある、カジュアルなのにロマンチックな着崩しスタイルが出来上がります。

・ライダースジャケット×刺繍チュールスカート
クールとフェミニンさを一緒に出すことができちゃいます!
21 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

PetitePat[プチパト]|プチプラファッション情報をお届け!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

高見えモノクロコーデを「しまむら」でチャレンジ!

高見えモノクロコーデを「しまむら」でチャレンジ!

しまむらのアイテムでモノクロコーデができます。かわいいアイテムがたくさんあって大人っぽいシックなスタイルができそう!今回は、モノクロコーデを飾る素敵なアイテムを集めてみました。プチプラでかっこいいモノクロコーデを始めよう!
しまむらのボトムスを着こなそう!2017トレンド大人カジュアルスタイル術

しまむらのボトムスを着こなそう!2017トレンド大人カジュアルスタイル術

今年も気になるしまむらのアイテム!中でも、安くて履き心地の良いボトムスは根強い人気。着回し力抜群のしまむらデニムを大人カジュアルにおしゃれに着こなす術を教えちゃいます♪プチプラで大人スタイル始めましょう!
おうちで「しまパト」!しまむら2000円以下エレガントスタイル♪

おうちで「しまパト」!しまむら2000円以下エレガントスタイル♪

しまむらのでびっくり価格のアイテム見つけてしまいました。その中から、じわじわと人気が上がっているアイテムなど、フェミニンスタイルに使えるアイテムを集めてみました♪おうちにいながら「しまパト」してみてくださいね!
2017年も魅力的♡しまむらの刺繍ブラウスが大人気!

2017年も魅力的♡しまむらの刺繍ブラウスが大人気!

今季「刺繍」アイテムが話題!しまむらの刺繍ブラウスの人気も爆発しています♪COOLさもCUTEさもあわせもったブラウスで、トレンドのハイウエストパンツやスカートとの相性も抜群。今回はそんな注目アイテムをご紹介いたします!
しまむらの「デニムニット」でカジュアルスタイルがキマる!

しまむらの「デニムニット」でカジュアルスタイルがキマる!

カジュアルスタイルをカッコよくコーディネイトしたい人が、「もっとこなれ感を出したい!」と思って使っているニットをご存知ですか?この、しまむらの「デニムニット」を使うだけで不思議なほどカジュアルスタイルがかっこよくなります。インスタでも人気高いアイテムです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

akiyon akiyon