2016年11月29日 更新

しまむらアイテムをプラスしてトレンドスタイルを作ろう♡

しまむらでプチプラアイテムをパトロールして、トレンドスタイルにピッタリなアイテムを見つけよう♪話題のアイテムでベーシックスタイルも旬なコーディネートに早変わり♡しまむらアイテムを上手に使って大人上品スタイルの達人になりましょう!

しまむらファーティペットで冬のカゴバッグアレンジ

Instagram (20954)

ホワイトやベージュ、グレーやブラウンなどの種類も豊富にそろったファーティペット。価格も安心価格でお出迎えしてくれます。夏からトレンドが続いているカゴバッグにアレンジすれば、今季旬のバッグが完成します♪ニットスタイルとの相性も抜群です♡
Instagram (20956)

バケツ型バッグにもファーアイテムを付けて楽しむなど、今季はファーアイテムが大盛り上がりをみせています。しまむらではたくさんのフェイクファーアイテムが豊富に揃い、今季のトレンドスタイルを支えてくれます。お近くのしまむらで是非チェックしてみてくださいね♪

フィッシュテールスカートでエレガンススタイル

Instagram (20958)

シャツやベスト、オーバーサイズニットとの相性も良いフィッシュテールスカートが大人気。歩くたびにふわっと広がるシルエットがとってもエレガンス。大人なきれいめスタイルだけでなく、スニーカーを合わせてカジュアルに着こなすことも可能。色んなコーデを楽しめます♪
Instagram (20959)

ヒールやショートブーツと合わせて、大人上品なスタイルも素敵。人気のメトロポリス風バッグやベレー帽などのファッション小物アイテムとあわせて、スタイルを楽しめます。おでかけにもデートにもオススメのふわりと広がるスカートは女性だけでなく男性からも高評価♪

今しまむらで大人気!レースアップリブニットでガーリーに

Instagram (20962)

今しまむらで大人気なのがこちらのレースアップリブニット。タイトスカートやフレアスカートに合わせればガーリーで女性の魅力がグンとアップするスタイルに。ブラックパンツやダメージデニムと合わせれば、COOLでセクシーなスタイルが完成します♡
Instagram (20965)

シンプルでワイドリブとワイドスリーブがトレンドをしっかりキャッチした、着心地の良いシンプルニットも登場。優しい素材感で、どんなボトムスとも相性が良く着回しの効く優秀アイテムです。シンプルをいかしたベーシックスタイルが魅力的に魅せれる素敵スタイル。
23 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

PetitePat[プチパト]|プチプラファッション情報をお届け!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

しまむらのボトムスを着こなそう!2017トレンド大人カジュアルスタイル術

しまむらのボトムスを着こなそう!2017トレンド大人カジュアルスタイル術

今年も気になるしまむらのアイテム!中でも、安くて履き心地の良いボトムスは根強い人気。着回し力抜群のしまむらデニムを大人カジュアルにおしゃれに着こなす術を教えちゃいます♪プチプラで大人スタイル始めましょう!
おうちで「しまパト」!しまむら2000円以下エレガントスタイル♪

おうちで「しまパト」!しまむら2000円以下エレガントスタイル♪

しまむらのでびっくり価格のアイテム見つけてしまいました。その中から、じわじわと人気が上がっているアイテムなど、フェミニンスタイルに使えるアイテムを集めてみました♪おうちにいながら「しまパト」してみてくださいね!
2017年も魅力的♡しまむらの刺繍ブラウスが大人気!

2017年も魅力的♡しまむらの刺繍ブラウスが大人気!

今季「刺繍」アイテムが話題!しまむらの刺繍ブラウスの人気も爆発しています♪COOLさもCUTEさもあわせもったブラウスで、トレンドのハイウエストパンツやスカートとの相性も抜群。今回はそんな注目アイテムをご紹介いたします!
女性らしさを引き出す「ベージュ」はプチプラに見えにくい色!

女性らしさを引き出す「ベージュ」はプチプラに見えにくい色!

ベージュのコーディネイトは、女性らしくなったり、レトロな雰囲気になったり素敵なスタイルができて高級感のある色なんです。プチプラファッションで見つかるベージュアイテムを使っておしゃれに仕上げてみませんか?
しまむらの「花柄スカート」を攻略!ロマンチックな仕上がりに♡

しまむらの「花柄スカート」を攻略!ロマンチックな仕上がりに♡

花柄のスカートを使うと華やかになってかわいいコーディネイトになります。冬も花柄がかわいいんです。しまむらには花柄スカートがいろいろなデザイン、素材感で売られています。どのアイテムも女性をいつもより少しエレガントにしてくれますよ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yurian yurian